最新の抗鬱剤はやはり効いた『レクサプロ』

大阪府在住「Q子」様(40歳、女性)からの体験談です。

もう10年もうつ病を患っています。
最初は、何か物事を決められない、判断力がない、わけもなく悲しくなる、といったレベルだったのですが、そのうち仕事をしていて、何かわからないけれど迫りくるものに悲鳴を上げそうになって、そのあとで号泣してすぐにその日に帰って病院にいったところ、即会社を休みなさいということになりました。

そして、お医者様にいくつかの抗鬱剤を処方したいただきました。
最初は抗鬱剤のパキシルやルボックスといったものでと、抗不安薬のデパスなどを、一番少ない量で飲んでいました。

最初のうちは、それで効いたような気になっており、確かに少し楽になったようにも感じたのですが、そのうちに、あれは病気がさらに悪くなったからなのでしょうか、それとも体が薬に慣れてきてしまったからでしょうか、効果がだんだんと薄くなってきました。

それをお医者様に訴え、その都度、それらの薬の飲む量を増やしていきました。
そして、少し症状がよくなると、また減らして様子を見る。
その繰り返しで、10年たってしまいました。

決してそのお医者様が悪かったとは思わないのですが、(よく話も聞いてくださいましたし)、でもこのままでは治らないのではないかと考え、思い切って病院を変えることにしました。
そして新しい病院で、症状についてお話し、その結果処方されたのが、「レクサプロ」でした。

これは、鬱の原因になる要素を元から絶つ効果のある薬の中で、最新のもので、非常に効くというお話でした。
薬局に行って、処方箋をだし受け取ったところ、あまりに薬代が高くてビックリしましたが、それまではすべてジェネリック薬品を使っていたので安かったのが、今度のレクサプロは新薬なので、まだジェネリックが出ていない、だから非常に高いのだ、というお話でした。

しかし、それを1日1錠ということで飲んだところ、驚いたことに劇的に効いたのです。
それまでの、悲しい、重苦しい、死にたくなるような気持ちが、すうっと消えていき、生きる力とまではいいませんが、なんだか気持ちが軽くなったような気がしました。

お医者様によれば、副作用も、それまで飲んでいた薬に比べて少なく、眠くなったり、便秘になったりということがないということなので、それも安心です。
今、飲み始めて3か月になりますが、とても好調です。とはいえ、まだ薬でよくならせているわけなので、安心はできませんが、少なくともわたしの普段の暮らしを劇的に改善した薬です。

【注意】こちらの体験談の内容は個人の感想です。薬の内容を保証するものではありません

サブコンテンツ

このページの先頭へ